お客様の声

HOME | お客様の声

以下にお客様の声を掲載しております。

【  声を大にしてお伝えしたいこと 】

 
当校に豊富な上達事例が蓄積されているのは、
「ただ英会話を教えている」からではなく、
CELTA(ケンブリッジ大学認定英語教師)教授法や
実際に数多くの方の英語を上達させてきた理論に基づき、
語学教育の専門家が手厚くアドバイス・サポートしている為です。
 
毎回のレッスンを受け終わった後で、次回レッスンまでに
①何を ②どのくらい ③どのように ご自分で学習すれば
英語が上達するか、詳細に渡って文面で指示(課題)を出し、
その課題がしっかりと消化されるまで徹底したチェックを行っています。
 

【  声を大にしてお伝えしたいこと 】

 
当校に豊富な上達事例が蓄積されているのは、「ただ英会話を教えている」からではなく、CELTA(ケンブリッジ大学認定英語教師)教授法や実際に数多くの方の英語を上達させてきた理論に基づき、語学教育の専門家が手厚くアドバイス・サポートしている為です。毎回のレッスンを受け終わった後で、次回レッスンまでに①何を ②どのくらい ③どのように ご自分で学習すれば英語が上達するか、詳細に渡って文面で指示(課題)を出し、その課題がしっかりと消化されるまで徹底したチェックを行っています。
 

 
 

LinkIcon 英語学習が完全に習慣化
Y.Mさん(病院勤務)

 
LinkIcon 仕事と英語の両立ができるように
K.T.さん(住友ファーマ株式会社)

 
LinkIcon LLDで新しい人生を切り開く
M.Hさん(20代・会社員)

 
LinkIcon 実務で英語使用を開始
M.Nさん(20代・事務職)

 
LinkIcon 読み書き障害のハンディを抱えながらも、長年の夢の海外赴任に向けて目標達成
男性(50代後半)

 
LinkIcon 3年間の努力で英検準1級獲得
S.Sさん(40代・会社員)

 
LinkIcon 6か月で、海外業務に対応できる最低限の英会話習得
Y.Iさん(20代・大手鉄道会社勤務※当時)

 
LinkIcon 語学系唯一の国家資格・通訳案内士合格
一恩 洋輔さん(アフターユー株式会社 取締役)

 
LinkIcon 今度こそ英会話を
Y.Tさん(60歳・建築関係)

 
LinkIcon お二人の子育てをしながらの英語学習
東 素子さん(30代・自営業)

 
LinkIcon 多忙の中、英検1級・準1級ダブル合格 ※遠隔地 Skypeレッスン
女性(30代・弁護士)

 
LinkIcon 挫折しがちな最初のハードルを見事突破!
T.Tさん(30代・建築関係)

 
LinkIcon 準1級スピーキング試験合格
T.Fさん(30代・会社員)

 
LinkIcon 日本人だからこそわかる日本人英語の弱点
澤田 篤郎さん(36歳・医師)

 
LinkIcon 伝えたいことを様々な角度から表現できるように
K.Iさん(30代・対人援助専門職)

 
LinkIcon 基礎の反復で身につけた英語力
三宅 顕光さん(21歳・大学生)

 
LinkIcon 努力とモチベーションで手に入れたもの
松井 朗裕さん(30代・医師)

 

人生の二毛作目、英語を使ってさらに充実したものに。
食品輸出会社 株式会社KKI 代表取締役 小原 繁
 
[学習レベル]
Before
大学時代にもほとんど勉強しなかったので、
高校卒業後40年ぶりに英語勉強再開

After
通訳に頼らない英語商談を開始、
英検準1級合格、TOEIC780点

30年間会社を経営し、60歳少し前に次世代メンバーに会社を継承致しました。その後は第2の人生ということで、この会社の商品を海外に輸出することを始めました。

僕は本で読んだ「人生二毛作」という言葉が好きです。60歳までを一毛作目とすると仕事的にも家庭的にも何らかの責任を持って日々生活する必要があります。60歳を超えてくると仕事も子育ても少し手が離れて、本当にしたいことに打ち込めるようになります。それが二毛作ということなので、以前とは違ったことに挑戦し、違った交友関係も持ってみたいと思うようになりました。

そこに英語が出てきたわけです。実に高校以来40年以上ぶりの勉強です。大学の友人で海外で活躍してメンバーもたくさんいたので、少し憧れがあったのだと思います。とはいうものの頭はさび付き、記憶力も衰え、目も長文を読んでいるとかすんでくるし、寄る年波には勝てません。少しずつですが、前川さんに文法の初歩から教えて頂き勉強を再開致しました。

それから3年半の時間が過ぎ、先日ようやく英検準1級に合格しました。4度目の挑戦での合格です。TOEICも目標の730点をクリアーしたので、英語を実際に使うスタートラインに立てた気持ちです。試験を受けに行っても、僕のような年配の受験者はいません。家族にも半分飽きられながらも続けてこれたのは、前川さんがその時々の僕のニーズに合わせて柔軟にカリキュラムを作ってくれたおかげです。これだけ生徒一人一人に寄り添い教えてくれる教室は他にはないと感じています。

今では、仕事でも英語を使う場面が時々あります。商談時には通訳の方が入ってくれるので問題はないのですが、その後のやりとりは全て英語になります。しかし定型文を教えてもらったり、実際お客様に送ったメールを添削して頂いたりしながら、現在ではあまりメールに関しては苦もなくできるようになりました。そして先日、初めて通訳を使わずに海外の顧客とやり取りを続け、英語だけで売買契約を締結することができました。

そしてこの英語は、僕の二毛作目の大事なパートナーになりました。仕事を離れてもこの町にくる外国人の方の観光案内をしようと思っています。知らなかった我が町のことを探求する機会にもなるし、日本のいろんな事象も英語でなんと表現するのか?一つひとつが興味津々です。

こんな風に自分で行動できるようになったのも、一重に前川さんのおかげです。改めて御礼申し上げます。御学院の益々のご発展をお祈りしております。

もう一度英語を学ぶ楽しさを覚えて
H.Hさん(52歳・主婦)

[学習レベル]
Before
英会話力ゼロからスタート(30年振りの英語学習)

After
海外からのゲストへのご案内ができるレベルへ

私が前川先生に英語を習い始めて約3年が過ぎた。

思い起こせば、私は、大して何も考えずに高校を卒業し、叔父に勧められて歯科衛生士になり、すぐに結婚をした。そして息子が誕生した。
あっという間に時は過ぎ、ふと気付けば私はすでに49才になってしまっていた。
世間でよく言うような「人の名前すら思い出せない事もよくあるような年」になっていたのだ。
そんな私だったが、ちょっとしたきっかけから、某外国人歌手のファンになってしまった。

ある日、「彼の英語が理解出来たらいいのになぁと思う」と、友人に話したら、「今からでも絶対に大丈夫だよ!やってみれば良いじゃない!」と友人関係の英語スクールの体験レッスンを紹介してくれた。

せっかく紹介してもらったのだからとりあえず行ってみなければと、私は、軽い気持ちで参加してみたのだった。
体験レッスンでの、テスト結果は、書く、聞く、話す、全てにおいてあまりにも酷いものだった。30年余りの時の経過とともにそれらのほとんどは私の記憶から消し去られてしまっている状態だったのだ。

49才の中学1年生、しかもお気楽な気持ちの生徒がいったい何からすれば良いのかなど、自分には皆目解るはずもなかった。
そして初日、やっぱりこんな年から始めるなんて止めておくべきだったのだろうかと不安な面持ちで待っていると、誠実そうな若い先生が入って来られた。少し自己紹介をして英語を始めようと思ったきっかけと自分のレベルの酷さを伝えた。「大丈夫ですよ!とにかく基本から始めましょう」と、アナウンサーのようによく通る声で、先生はにっこりとしておっしゃった。

授業では、明確に、懇切丁寧に、少しでも引っかかる部分があれば完璧に理解できるまで何度も何度も繰り返して指導して下さった。
年のせいにはしたくはないが、私は言われた事などすぐに忘れてしまうのだ。私が変な意味になるようなことを大きな声で言ったりするものだから、大きな声で先生に笑われることもしばしばあった。

それでも先生はそんなこと気にもせず様々な方向からバランスよく熱心にレッスンして下さった。宿題に出された英語のフレーズを何度も何度も唱えていると、それはまるで歌のフレーズのようになり、私の頭に付いて離れなくなった。そんな時は英語のレッスンをしている夢も何度となく見た。
私は先生から与えられたことをこなすのみだったが、とにかく、ただ指示されるがまま続けた。

そうして数か月が過ぎたある日、「力試しに英検準2級を受けてみましょう!」と勧められた。
30年振りの試験のプレッシャーと学生さんばかりの会場の雰囲気で緊張はピークに達し頭が真っ白になってしまった私は、どれにチェックしたかも覚えていなかったくらいだった。


ところが、私はなんと試験に合格していたのだ。


この時の喜びは今でもはっきりと記憶している。先生も自分の事のように本当に喜んで下さった。
そして次の年、続いて2級も合格できた。
こんな年になっても何かを達成することができるものなのだと自信を付けた私は、このころから海外旅行に行ってみたいと思うようになった。

初めて個人旅行でイタリアに行った時には、英語で現地の人たちとたくさんコミュニケーションをとることができた。
質問した内容が現地の人に 理解してもらえ、返事がもらえる。これってなんて素晴らしい事だろうと思う。
今の私は、海外など興味なかった3年前の私とは全く違っている。
個人旅行で海外に行くことも、インターネット上で現地の宿泊先のフロントとメールのやり取りもできる。
日本に来た外国人客をちょっと案内したりして現地の人との交流も楽しめるようになった。
 

英語を始める前のあの飛行機嫌いの私はどこへ行ったのだろう?
もっと単語を覚えたい。もっと勉強したい。

ふと気付けば、英語は、テニスやフラワーアレンジメントと同じように趣味になっていた。今後もずっと続けてもっとレベルアップしたい。
あんなにレベルの低かった私がこの様になれたのも、最高の指導者と出会えたからだと思っている。もし先生に習えていなかったら、今私はどんな人生を送っているのだろうか。

価値ある人生を与えて下さった先生に心から感謝したい。

英語学習が完全に習慣化
Y.Mさん(40代・病院勤務)

 
[学習レベル]
Before
・友人と一緒にネイティブの英会話教室に通学
・自分で英文が作れない、単語を調べても英文を訳せない、わからないことが英語で質問できない
・文法や細かいことを気にせず、楽しくコミュニケーションがとれる

After
・英語学習が生活の中で完全に習慣化
・英検準1級合格

LLD外語学院で前川先生にお世話になり6年半が過ぎました。
目標であった英検準1級に合格できたことも嬉しいことではありますが、
それよりも英語学習が完全に自分の生活の中で習慣化したことが一番の
喜びでもあります。今はもっと上を目指して、という気持ちで様々な角度
から英語学習を楽しむことができています。前川先生のおかげで、
私の人生の中でまた新しい扉が開いたような気がします。
 
私は高校の英文法で躓き、英語から逃げるようにして医療系の道を選びました。
40歳になり何か新しいことを始めようと、友人と一緒にネイティブの英会話教室に
通い始めました。文法や細かいことは気にせず、コミュニケーションをとることは
楽しくできましたが、自分で英文が作れない、単語を調べても英文を訳せない、
わからないことが英語で質問できない、というもどかしさがありました。
そこで、日本人の先生から英語をじっくり学びたいと思いLLDに入会しました。
 
ただ、入会までには半年ほど悩みました。週に1−2回も通えるか、90分のレッスンは
長過ぎないか、課題はできるだろうか・・・。

実際入会すると、毎回90分以上のレッスンには休憩も雑談もなく、文法の基本から
リスニング、スピーキングまでの練習が途切れることなく続きましたので、
最初の頃は頭がパンクしそうでした。
 
しかし、前川先生のレッスンはとても楽しく、大嫌いだった英文法が
「おもしろい!」と感じ、まるで魔法をかけられたかのようにレッスンにのめり込んでいきました。
とにかくレッスン時間は少しの無駄もないようにと、分単位でレッスンプランが準備されていて、
完全にオーダーメイドのとても贅沢なレッスンでした。本当にここまでやってもらえるスクールは
どこにもないだろうと思いました。そのような熱くきめ細かいご指導の中で、
私自身「もっと上達したい」という思いが強くなり、英検準1級を目標にしました。
 
ただ、本格的な受験英語の経験がない私にとって、準1級は未知の世界でしたので、
あらゆることに苦戦しました。不器用な私に対し先生は常に冷静に状況を見極め、
様々な学習法の提案をしてくだいました。レッスン時間の大幅な延長や追加レッスン、
カリキュラムの調整、私の弱点の解析とその対策としての問題作成などにどれだけ時間を
費やしてくださったでしょうか。英検直前にはライティングの添削を毎日(お正月も)
してくださいました。
 
前川先生は決して一方的に勉強を押し付けたり、課題を出すだけではなく、
常に「一緒に頑張りましょう」と励ましてくださり、メンタルの面でもかなり支えてくださいました。
私も先生の情熱に負けるわけにはいかないという強い思いで続けることができました。
 
3年以内に目標を達成したいと思っていましたが、限られた時間内に英文を処理することが
必要とされる試験は、私にとってかなり苦痛で準1級の壁を超えることはできませんでした。
その後は、レッスンの頻度を減らして、「試験」というものを意識せずに学習を続けて
いくこととしました。ちょうどコロナ禍で、病院勤務の私は受験を控えなければいけない
という状況でしたので、英検から離れて、職場で目にする英文資料や論文、英字新聞の精読など、
興味のある分野を中心に学習を継続しました。コロナが少し落ち着いてきたところで、
準1級を再受験し合格しました。
 
苦手だった英語を克服し「楽しい」と思えるようになったこと、学生の時にも経験しなかった
試験(英検、TOEIC、TOEFL-ITP)に挑戦できたこと、大変なことでも諦めなければ
何かしらの結果が得られるということ、そして英語学習7年目でもモチベーションが
維持できていることをとても嬉しく思います。
 
前川先生の下で学ぶことができて、先生には言葉で表現しきれないほど感謝の気持ちでいっぱいです。
本当にありがとうございました。

LLD外語学院で前川先生にお世話になり6年半が過ぎました。目標であった英検準1級に合格できたことも嬉しいことではありますが、それよりも英語学習が完全に自分の生活の中で習慣化したことが一番の喜びでもあります。今はもっと上を目指して、という気持ちで様々な角度から英語学習を楽しむことができています。前川先生のおかげで、私の人生の中でまた新しい扉が開いたような気がします。
 
私は高校の英文法で躓き、英語から逃げるようにして医療系の道を選びました。40歳になり何か新しいことを始めようと、友人と一緒にネイティブの英会話教室に通い始めました。文法や細かいことは気にせず、コミュニケーションをとることは楽しくできましたが、自分で英文が作れない、単語を調べても英文を訳せない、わからないことが英語で質問できない、というもどかしさがありました。そこで、日本人の先生から英語をじっくり学びたいと思いLLDに入会しました。
 
ただ、入会までには半年ほど悩みました。週に1−2回も通えるか、90分のレッスンは長過ぎないか、課題はできるだろうか・・・。

実際入会すると、毎回90分以上のレッスンには休憩も雑談もなく、文法の基本からリスニング、スピーキングまでの練習が途切れることなく続きましたので、最初の頃は頭がパンクしそうでした。
 
しかし、前川先生のレッスンはとても楽しく、大嫌いだった英文法が「おもしろい!」と感じ、まるで魔法をかけられたかのようにレッスンにのめり込んでいきました。とにかくレッスン時間は少しの無駄もないようにと、分単位でレッスンプランが準備されていて、完全にオーダーメイドのとても贅沢なレッスンでした。本当にここまでやってもらえるスクールはどこにもないだろうと思いました。そのような熱くきめ細かいご指導の中で、私自身「もっと上達したい」という思いが強くなり、英検準1級を目標にしました。
 
ただ、本格的な受験英語の経験がない私にとって、準1級は未知の世界でしたので、あらゆることに苦戦しました。不器用な私に対し先生は常に冷静に状況を見極め、様々な学習法の提案をしてくだいました。レッスン時間の大幅な延長や追加レッスン、カリキュラムの調整、私の弱点の解析とその対策としての問題作成などにどれだけ時間を費やしてくださったでしょうか。英検直前にはライティングの添削を毎日(お正月も)してくださいました。
 
前川先生は決して一方的に勉強を押し付けたり、課題を出すだけではなく常に「一緒に頑張りましょう」と励ましてくださり、メンタルの面でもかなり支えてくださいました。私も先生の情熱に負けるわけにはいかないという強い思いで続けることができました。
 
3年以内に目標を達成したいと思っていましたが、限られた時間内に英文を処理することが必要とされる試験は、私にとってかなり苦痛で準1級の壁を超えることはできませんでした。その後は、レッスンの頻度を減らして、「試験」というものを意識せずに学習を続けていくこととしました。ちょうどコロナ禍で、病院勤務の私は受験を控えなければいけないという状況でしたので、英検から離れて、職場で目にする英文資料や論文、英字新聞の精読など、興味のある分野を中心に学習を継続しました。コロナが少し落ち着いてきたところで、
準1級を再受験し合格しました。

苦手だった英語を克服し「楽しい」と思えるようになったこと、学生の時にも経験しなかった試験(英検、TOEIC、TOEFL-ITP)に挑戦できたこと、大変なことでも諦めなければ何かしらの結果が得られるということ、そして英語学習7年目でもモチベーションが維持できていることをとても嬉しく思います。
 
前川先生の下で学ぶことができて、先生には言葉で表現しきれないほど感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。

    

仕事と英語学習の両立が可能に
高橋 孝平さん(住友ファーマ株式会社)
 
[学習レベル]
Before
英会話経験ゼロ、発音はカタカナ英語

After
① 英検準1級合格、TOEIC780点
② 外国人と結婚した友人の結婚式にて友人代表の英語の挨拶を披露
(頑張ってきて本当に良かったと思えた瞬間でした)

1日の終わりに、この体験記を書いています。
 
今日も隙間時間を見つけて約1時間、英語を勉強できました。初めにお伝えしたいのは、前川先生と出会って、「毎日必ず英語を勉強する」というスタイルが身に付いたことです。これは英語に関する難関資格や高い点数を取ることよりも、働く自分にとって最も嬉しいことでした。

私は、普段営業の仕事をしています。仕事上で英語を使うことは全くありません。それでも、「英語が話せるようになりたい。会社へのアピールになるし。」という気持ちで、Googleで「金沢 駅前 英会話」と検索したところ、トップにLLDのHPを見つけ、体験レッスンをお願いしました。HPには「基礎固め」を大切に、一人一人に合わせた指導をしてもらえる事、また「上達するまで徹底的にサポートします」という先生の熱い言葉が掲載されており、会ったこともない先生に不思議と信頼感が沸いていたことを覚えています。
 
当時の私の英語レベルを聞いて安心してもらえたらと思います。英語を学ぶのは大学受験以来で、入社時に全員受けさせられたTOEICは395点、そこから約7年半、全く英語に触れてこなかった状態でした。入学時にTOEICを受けていたら・・・とても恐ろしい点数だったと思います。ちなみに留学はおろか、英語圏への旅行経験が無いような人間です。
 
そんな自分でしたが、先生の的確な指導のおかげで、確かな上達を実感しながら数カ月、1年と英語学習を継続できました。中学校で学ぶ基本構文の暗唱や「脱カタカナ英語」に役立った「ハイディの法則」(リスニング教材)を使った発話練習・・・私のために先生が作成して下さった教材も数え切れないほどありますが、達を実感できることで最初はとても楽しかったです。
 
しかし、ここからが1番お伝えしたいことで、社会人が仕事と両立しながらある程度の結果を得ようとする時、絶対に越えなければいけない壁があると思っています。LLDに通い始めて1年半が過ぎ、ようやく「英検準1級」を具体的な目標として取り組むようになった時にそれを痛感しました。私は朝早くから時には22時帰宅もよくあるような営業マンで、その頃は仕事が休みの土日にまとめて英語を勉強するようなスタイルだったと思います。
 
前川先生は「勉強スタイルを改めないと、絶対に英検準1級は合格できない」と言い切り、まさに常軌を逸するくらい私と真剣に向かい合って下さいました。英検の試験当日までおよそ2カ月間、「毎日オンラインレッスン」(約10分~30分)を組んで下さいました。当然次の日までの課題も出されました。初め、私は仕事に励んでいてそれをこなせない自分を肯定して、「もうこんなに辛いなら英検なんて合格できなくていいや」とさえ思ってしまっていました。それでも、だんだんと隙間時間に勉強する「癖」を身に付けられ、課題を「追い越してやる」くらいのモチベーションが芽生えてきました。
 
結果的に英検準1級に合格できたのですが、私が1番嬉しかったのはやはり、仕事と英語を完全に両立できるようになったと感じられたことでした。これを読んでいる方も様々な理由で忙しい方かと思います。私のように英語を絶対に上達できないと困るという方はそんなに多くないかもしれません。しかし、LLDで英語を毎日学ぶスタイルを身に付けられたなら、英語上達はもちろんのこと、他の勉強にも必ず繋がると思います。実は私も現在、社会保険労務士の資格取得に向けて勉強しているのですが、どんなに日々忙しくても工夫次第で勉強時間を確保することができています。
 
前川先生のおかげで、「学ぶ社会人」として大きく成長することができました。前川先生、これからもよろしくお願いします。

上達事例 お客様の声

今度こそ英会話を
Y.Tさん(60歳・建築関係)

[学習レベル]
Before
別の英会話スクールをご経験後、当校では中1レベル(He is from China. など)へ戻り、 基礎からトレーニングを開始

After
1年後、英検準2級合格。2年後、英検2級合格。
スピーキングのスコア(CSE 511点)は、準1級合格レベル相当(CSE 512点)。
 

3年前、仕事を辞め、以前から興味があった「日本語教師」の勉強をしました。
その時は、「特に外国語を話せなくても大丈夫」と教えられたのですが、実際に外国の方に日本語を教え始めた時、外国語、やはり英語が話せると細かなニュアンスを説明するのに都合が良いと感じました。それで英語をもう一度学ぼうと思いました。

以前同僚がLLDに通っており、LLDのことは伺っていましたが、授業料が高いという印象でした。なぜなら、海外旅行が好きで、英語が話せるといいなとミーハー(笑)な考えで何年も通っていた英会話教室は「月謝制」で、LLDに比べるととてもお手頃価格でした。しかし、全く上達しませんでした(笑)。

今回は英語習得の最後の機会とし、最長3年までと期限を決め、集中して学ぼうと決心し、LLDの扉を叩きました。初めて前川先生にお会いした時、優しそうな印象でしたが、テストの結果は惨憺たるもので、先生から「上達が見込めないので、通学できないかも」と言われ、ショックを受け、家に帰ったのを覚えています。やはり、ダメか・・・。しかし、通学の許可を頂き、レッスンが始まりました。

授業は、丁寧で分り易く、サビついた頭の私が変な文を言っても明るく笑って、指摘してくれる。90分の授業はあっという間に過ぎました。とても楽しかった。以前通っていた英会話教室は60分の授業も苦痛になっていたのに・・・。初歩の文法と暗記、ヒヤリング、ライティグ、リーディング、そして、沢山の課題。授業が始まった時には、また働き始めていましたので、課題をこなす時間を確保するのが大変でした。とにかく英語に集中しようと毎夜、休日は課題に費やしました。

LLDに通い始めて1年が過ぎた昨年、人生初の英検準2級を受験することになり、前川先生の特訓(笑)が始まりました。時間が許す限り、くり返し熱心にご指導頂き、合格! 今年はコロナ禍の中でしたが、2級を受験することにしました。オンライン授業もありましたが、時間を掛けご指導頂き、1次試験は奇跡的(笑)に通過、2次試験は頭が真っ白になり記憶に無いほどで、「落ちた!次回頑張ります」と報告しましたが、何と合格していました。前川先生も、とっても喜んで下さいました。
記憶がない中、話せていたのは、普段からの的確なご指導のおかげだと感謝しています。
 
そして2年前 LLDに入学出来てよかったです。入学出来ていなければ、2級どころか、全く話せないままだったと思います。最近、日本語教室で、「英語が話せるから初心者の方を担当して」と言われるようになり、ひそかにうれしく思っている私です。今は2時間のレッスンですが、 前川先生のお人柄と忍耐強いご指導のおかげで、あっという間に時間が過ぎる程、充実し楽しいものです。
これからも外国の方に、もっとスラスラと英語で日本語を説明できるようになる為に、60歳になり、覚えが悪くなっていますが、頑張りたいと思います。これからもよろしくお願いいたします。
 
 
(学院長コメント)
Y.Tさん合格おめでとうございます。二次試験は緊張で頭が真っ白になり何も覚えていらっしゃらないとのことでしたが、それでも合格できたのは確かに実力向上の証です。そして今後は、Y.Tさんがご自分を過小評価されず、今よりもっと堂々と英語で話をして頂けるようにまた協力して練習を重ねていきましょう。きっと出来るはずですし、それは今回のスピーキングスコアが何よりの証拠です。通訳・翻訳のプロになる訳ではないのですから、外国人の方に英語で日本語を教えるというY.Tさんの目標は十分に達成可能です。今後共宜しくお願い致します。

上達事例 お客様の声

お二人の子育てをしながらの英語学習
東 素子さん(30代・自営業)

[学習レベル]
Before
大学受験以来、20年ぶりの英語学習

After
簡単な日常会話が出来、JAPAN TENTのホストファミリーとして
外国人ホームステイの受け入れ / 英検準1級一次試験合格(ライティング満点)

私は学生時代以降英語に触れることがなく20年を過ごしてきた2人の子を持つ39歳の普通の主婦です。
習い始めは中学英語もよくわかっていないくらいひどい状態で、こんな私が個人レッスンで英語なんか習っていいのかなと申し訳なくすら思っていました。
 
それに加えて私が英語を習い始めたのは特に明確な目的や必要性があったわけではありません。
おそらく教える側の前川先生からすれば最終目標がない相手に対して指導するというのはとても大変だったと思います。

でも、そんな私でもレッスン開始から半年で英検2級合格、一年半足らずで準1級の一次試験合格までになり、実生活でも海外の人と戸惑いながらもコミュニケーションができるように。そして石川県が主催している外国人ホームステイの受け入れもしました。

LLDのおかげで英語の実力が上がったのは言うまでもありませんが、何よりやってみたかったことを自信をもって踏み出せる勇気を持てました。
というのも私は典型的な日本人なので、少しの英文でも文法が間違っていたらどうしようかと心配になってしまい、結局話せずじまいで終わってしまうようなタイプなのですが、ここまで完璧に英語を学んでいる人(前川先生)が絶対的な自信を持って外国人に伝わる文かどうかを教えてくださったからです。
前川先生はどんなときでも常に全力で私の英語上達のために必要なことは何か、極力努力を避ける私にとって一番楽しんで学べる方法は何かを試行錯誤してくださり、とにかく私の特性を考えていろいろな提案をしてくださいました。

しかもそのための画一的な教科書はなく、輸入販売をしている私に合った題材のチョイスなど、そのような提案はすべての生徒さんにされているんだろうなということを確信できるくらいの授業でした。だから私は信じてついていくことができました。
でも、もしこの体験記を「英語をどこかで学ぼう」としている人が見ているとしたら、LLDは「英語を話せる=かっこいい」というイメージを持たせるようなスクールではないので要注意です(笑)。

ここで学ぶことになると、限りなく地道で地味に毎日繰り返し英語を学ぶ日々を送ることになります。そしてその毎日から学ぶことや努力の重要さを知り、自分を磨くことの大変さを知ることができるでしょう。
ただ、その大変さを乗り越えることが人生の醍醐味なのだという学び、英語に限らず日々を頑張っている人は地道なことをやり続けている人なのだと気づけたことが私にとって一番ここで学んでよかったと思えたことです。本当に2年間ありがとうございました。
 
 
(学院長コメント)
お仕事また育児をされながらの忙しい日常生活の中、2年間地道に続けて頂いたご姿勢、もし私自身が同じ立場だったら・・・と考えますと大いに見習わなければならないと感じます。指導をさせて頂く立場になると、ついついそのようなことを忘れて上段から話をしてしまいがちです。本当によくついてきて頂いたと思います。ありがとうございました。

頂いた体験談にもお書きになっておられますが、お二人の小さなお子さんがいらっしゃる方で、英語学習に充てられる時間も限られておられます。
そういったご事情などを踏まえ、それでも結果を出して頂くためにどのように指導の精度を高めるか、課題の内容を工夫するか、などを考えながらレッスンさせて頂きました。
当体験談に記載の一部の方とは異なり、必要最低限の暗記学習(例文暗唱は300前後)を行って頂きながら、長所伸展と課題克服のバランスを取るカリキュラムを提供させて頂きました。
約2年お通いになり、英検準1級の面接試験のご受験資格がおありでしたが、一応の目標達成という事でご卒業となられました。
教師として常に考える事ではありますが、もし時計の針を2年前に戻せるのであれば、更に良いレッスンをさせて頂けたのでは・・・試行錯誤を経た上で、現在はそのように考えております。
時間は戻せませんので、今回私自身も教師として学ばせて頂いたことを、将来のご受講生に還元して参ります。東さんとの出会いに感謝しております。ありがとうございました。

実務で英語使用を開始
M.Nさん(20代・事務職)

[学習レベル]
Before
TOEIC最高点は約10年前の500点台

After
入会後3年で、 職場で英語を使う仕事を一部任されるように。
英検準1級合格/TOEIC745点までアップ(現在800を目指して学習中)

この度前川先生の大変丁寧親切なご指導により、英検準1級を取得することができました。本当に前川先生には感謝の気持ちでいっぱいです。
高校生の頃に英検準2級を取得し、そこから独学で準1級を取得しようとしましたが、あまりの難しさに全く歯が立たず挫折してしまいました。
 
それから約10年間一時期英語から離れていた時もありましたが、英検準1級を取得することは私の長年の夢でもありいつか達成したいと思っていた目標でありました。

前川先生にご指導いただいてから何回かTOEICを受けてきましたが、いつも試験近くになるとプレッシャーからかモチベーションが上がらず、学習習慣が保てなくなるといった悪循環を繰り返していました。

しかし点数は確実に毎回上がってきていたため、前川先生は私の英語力向上のためのベストなプランを立ててくださっていることを確信して、もう自分であれこれ考えず前川先生を信じて先生から与えられる課題スケジュールを素直に実践しようと決意しました。一時は諦めそうになったこともありましたが、前川先生が毎日ラインでの学習報告を義務づけてくださり、そのうち自然と英語学習に対する抵抗がなくなり習慣化されるようになりました。

英検対策も夜遅くから朝早くまで教室外でも対策してくださり本当に感謝しかありません。先生のお力なくしてこの結果はないと実感しております。
これからも学んだことを活かして日々精進してまいります。本当にありがとうございました。
 
 
(学院長コメント)
「英語ができるようになりたい」という気持ちに最後まで正直であり続けた、
Nさんの頑張りが結果となりつつあり、大変嬉しく思います。
教師と協力して与えられた課題に愚直に取り組まれた、Nさんの努力の賜物です。
英検準1級合格は実務での英語使用での入り口であり、今後、ご自分のお仕事の中で更に自信を持って英語が使えるよう、継続的に支援させて頂きます。

また、国内での英語学習には、モチベーションの浮沈はつきものです。
LLD外語学院では皆様の目標達成の為に、必要だと考えられるサポートを
教室内外で行っております。教師のサポートに依存しても上達はされませんが、教師と皆さんが主体的な学習態度において協力し合えれば、成果を出すことが可能です。

この度前川先生の大変丁寧親切なご指導により、英検準1級を取得することができました。本当に前川先生には感謝の気持ちでいっぱいです。高校生の頃に英検準2級を取得し、そこから独学で準1級を取得しようとしましたが、あまりの難しさに全く歯が立たず挫折してしまいました。それから約10年間一時期英語から離れていた時もありましたが、英検準1級を取得することは私の長年の夢でもありいつか達成したいと思っていた目標でありました。

前川先生にご指導いただいてから何回かTOEICを受けてきましたが、いつも試験近くになるとプレッシャーからかモチベーションが上がらず、学習習慣が保てなくなるといった悪循環を繰り返していました。

しかし点数は確実に毎回上がってきていたため、前川先生は私の英語力向上のためのベストなプランを立ててくださっていることを確信して、もう自分であれこれ考えず前川先生を信じて先生から与えられる課題スケジュールを素直に実践しようと決意しました。一時は諦めそうになったこともありましたが、前川先生が毎日ラインでの学習報告を義務づけてくださり、そのうち自然と英語学習に対する抵抗がなくなり習慣化されるようになりました。

英検対策も夜遅くから朝早くまで教室外でも対策してくださり本当に感謝しかありません。先生のお力なくしてこの結果はないと実感しております。これからも学んだことを活かして日々精進してまいります。本当にありがとうございました。
 
 
(学院長コメント)
「英語ができるようになりたい」という気持ちに最後まで正直であり続けた、Nさんの頑張りが結果となりつつあり、大変嬉しく思います。教師と協力して与えられた課題に愚直に取り組まれた、Nさんの努力の賜物です。英検準1級合格は実務での英語使用での入り口であり、今後、ご自分のお仕事の中で更に自信を持って英語が使えるよう、継続的に支援させて頂きます。

また、国内での英語学習には、モチベーションの浮沈はつきものです。LLD外語学院では皆様の目標達成の為に、必要だと考えられるサポートを教室内外で行っております。教師のサポートに依存しても上達はされませんが、教師と皆さんが主体的な学習態度において協力し合えれば、成果を出すことが可能です。

読み書き障害のハンディを抱えながらも、長年の夢の海外赴任に向けて目標達成
男性(50代後半)

[学習レベル]
Before
TOEIC285点(独学で行き詰り)

After
TOEIC650点(365点アップし、海外赴任基準点クリア)

私が、LLD外語学院へ通うきっかけになったのは、これまでに職場へ海外派遣の希望を出していたが、人事担当から本気で海外派遣を希望するならば派遣要件のTOEIC640点を1年程度(なるべく早く)で取って見ろと言われたことによる。
 
これを受けて金沢市内の英会話学校をWEBで探し、LLD外語学院に目がとまった。早くTOEIC640点達成を考えていたので、その日のうちに電話をしてレッスン内容等を聞いた。まず、先生の方で私の英語力を把握するため、1時間程度の筆記試験を実施され、その結果を含めた先生からの連絡があった。先生からは、1年程度でTOEIC640点達成は無理だと断られたが、なんとかお願いしますと引き受けて頂いた。このとき(平成28年8月頃)のTOEICの点数は280点程度であった。

今回試験(平成30年10月試験)で、目標であるTOEIC640点を越える650点を取ることができた。先生には本当に感謝申し上げる。
この間、先生には、先生のネットワークを生かした情報収集により、点数アップのためのありとあらゆる手段を用いた対策を講じて頂いた。

また、先生と生徒の関係を緊張感を持って維持できるように接して頂き、レッスン中も集中できた。何よりもレッスンを受けることで、毎回、英語力の向上が感じられ、いっそう英語が好きになった。
 
先生には授業以外でもお世話になった。職場のロゴマークの作成を担当することになり、職場名の英訳等でご協力頂き素晴らしいロゴマークを完成できた。
まだ、海外派遣のオファーはきていないが、せっかく習った英語を活用できる方法を現在模索中である。
 
 
(学院長コメント)
当初金沢の教室にて指導させて頂いておりましたが、2017年春からはご転勤先の関東よりスカイプレッスンをご受講頂いておりました。
日本語での生活においては支障が出ない、読み書き障害の診断をお持ちの方でした。2年前のお問い合わせ時、一度はお断りしておりました。
ですが熱意に打たれ、私がやるしかないと決心して指導を開始させて頂きました。

この2年半のスコア推移は、普通、いつ勉強を投げ出してもおかしくないような「上がっては下がり、上がっては下がり」の繰り返しでいらっしゃいました。ところが、この2年半常に前向きに英語学習に取り組んでおられました。
Aさんの読み書きの特性から、通常の指導ではカバーできず、例えば「4つある選択肢のうち、2つ目に正解らしい選択肢があり3つ目と4つ目に未知語があれば2つ目を選ばれる傾向がおありである」といったディテールまで分析し指導にあたる必要がありましたので、後半からはほとんど市販のテキストに頼らず日々問題を作成し続けました。
 
体力的にも指導は熾烈を極めましたがもし私が同じ立場であったら果たしてここまで頑張れただろうかという気持ちでおります。
お仕事終わりの深夜にスカイプをすることが続いていらっしゃいましたね。同じ男として、尊敬しています。

このように言葉にするのはとても簡単で、陳腐に思えます。それくらい、本当に良く頑張られたと思います。
ご自分に自信が付き、退職後の楽しみも増えたと、今後は「地域通訳案内士」の資格を目指されるとのことです。

なお、指導に際しまして臨床心理士様、東京・新宿のディスレクシア専門塾「もじこ塾」主催の成田様、言語聴覚士様、English Teacher's Association of Japan様より様々なアドバイス・サポートを頂きました。成田様からは、当校の日頃の指導の在り方、またTOEIC試験の合理的配慮についてご助言を頂き、目標達成にお力を与えて頂きました。ご協力頂いた全ての皆様に心から感謝致します。本当にありがとうございました。
 

多忙の中、英検1級・準1級ダブル合格
※遠隔地 Skypeレッスン
(30代・女性・弁護士)

[学習レベル]
Before
ご多忙で、オンラインスクール等、英語学習を長期間続けることが困難

After
2年間、毎週継続してご受講が出来るように/
英検1級・英検準1級スピーキング試験合格

(ご感想)

1.授業をはじめた目的
働き始めて約10年。英語をコミュニケーションツールにできるようにしたいと思っていましたが、仕事も忙しく、本腰での英語の勉強ができないままでした。
このままではいつまで経っても上達しないと思い、前川先生を紹介してもらってレッスンを受け始めました。レッスン当初のレベルは、とても簡単な日常会話を、片言、みぶり手振りで何とか伝えるという状態ではなかったかと思います。一番嫌いなのは文法や単語の勉強でした。

2.授業で学んだこと
特に文法が苦手だったので基礎の基礎、5文型から指導していただきました。質問すると、丁寧に教えていただけました。
私の状況を見ながら、無理なくできる程度の宿題を出していただきました。
移動中の電車の中で出来るようなシンプルなものです。先生は、私が宿題に掛けられる時間、私の好きなこと、苦手なことや嫌いなことを分かったうえで、日々のレッスンを組立ててくれていたと思います。
授業の中でも、苦手なことをした後は、好きな内容を盛り込んだりしてくれました。レッスンは、時間確保に苦労したことはありましたが、毎回楽しく受けていました。仕事が忙しい分、気分転換になりました。
何か試験を受けるようにした方が勉強に身が入るかと思い、先生に相談して英検を受けることにしました。私のレベルを見ながら、準一級を提案していただき、そこから試験に向けて勉強を進めるようになりました。
試験勉強と言っても、教え込む、というよりもやりながら、私にこつを見つけさせる、気づかせるという姿勢だったと思います。回り道もするので根気の要る作業だったと思います。

2018年10月に英検準一級を受ける際に、先生にも言わないまま一級の申し込みもしていました。
申し込んだ時にはレベルの問題もあり、一級を受けるかどうか自分の中でも決めかねていました。そのため、先生のご指導自体はずっと準一級を意識してのものだったと思います。当日、結局一級も受けることにしました。一次試験は両方とも合格でした。先生も、私も驚きました。おそらく、試験だけの勉強というよりも英語の基礎体力を上げる方法を実践してくれていたからではないかと思います。

時間のない中、面接試験(二次試験)の練習をしていただきましたが、緊張して失敗してしまいました。準一級に合格しましたが、一級は不合格でした。
そして、2019年3月の試験で無事一級の二次試験も合格することができました。
実は、今回の試験直前に仕事でトラブルがあり、もはや試験どころではないというような状態でしたが、先生は最後まで親身に丁寧に対応してくれました。少しの時間でも出来るだけレッスンを入れるように配慮してくれて、直前まで対応してくれました。面接試験では、先生とレッスンの時にやっていたようには出来ずに悔しい思いをしましたが、それでも試験自体には合格していました。

もともと試験を目標にはしていませんでしたし、試験勉強に特化した時間は少なかったですが、目的があったことで必死になり、集中力も高まったと思います。目標は、英語を話せるようになること。先生のレッスンを受け始めるようになった頃よりも、英語で言いたいこと聞き取りたいことを実践できるようになっていると思いますし、自分なりに上達した実感が今回の英検の結果に反映されたと思っています。
これからも努力が必要ですが、このまま先生の指導を受けていけば、英語をコミュニケーションツールとして習得できるのではないかと思います。
 
 
(学院長コメント )
首都圏からのお問い合わせで、一貫してSkypeによるご受講となりました。
最初のカウンセリングで、オンラインスクールがなかなか続かないというお悩みをお持ちと伺いました。

お仕事が大変お忙しい方でいらっしゃるので、いかにしてモチベーションを維持して頂けるか、という観点で、レッスンをさせて頂きました。
具体的には、レッスンで扱ったことを記録・管理し、一度扱った事柄をきちんと復習して頂き、積み上げて頂きました。
また定期的にレッスンの中身の理解度チェックを行い、分からないまま・なんとなく進めていくことをなるべく排除致しました。

少さな進歩を積み重ねていけば、モチベーションを保つ助けとなります。また、本格的な文法の学習をされたことが無いとのことでしたので、たとえ地道で無味乾燥に思えても、長い目で見て、品詞・文型・文法の基礎から指導させて頂きました。

ご受講後、約1年半が過ぎたところでこれまでの学習の成果を図るために、英検1級・準1級を初受験されました。そこでダブル合格され、英検1級のスピーキング試験も、二度目のご受検で見事突破されました。業務の傍ら、どうしても優先順位が低くなりがちな語学学習を習慣化されたのは、素晴らしいの一言です。

上達事例 お客様の声

3年間の努力で英検準1級獲得
S.Sさん(40代・会社員)

[学習レベル]
Before
数々の英会話スクールをご経験 / ブロークンな英語


After
英検準1級合格 / 発音、語順共に、概ね正確な英語に
(ご勤務先では、英語を使う他部署から依頼があり海外出張へ)

(ご感想)
パラパラと本屋で雑誌“金澤”を立ち読みしていて目に入った記事がLLD外語学院の紹介記事でした。
英会話教室にはネイティブの先生の教室を転々としていて、ちょうど途切れたところだったので、日本人の先生に習ってみるのもいいかな、と思い連絡させていただいたのが、もう3年前です。

仕事上、英語は全く必要ではない環境です。ただ海外旅行が大好きで、休みがあればどこかへ出かけていて、その度にもうちょっと喋れたらと思い続けていました。
ある程度は聞き取れるけど、自分から発することができないというレベルだと自負していたのですが、これがレッスン開始してすぐに玉砕。

毎回のレッスンは、あまりの出来なさに失望して、イライラして、焦ってる間に終わってしまい、さらに毎回出される大量の宿題にげんなり。特に暗記が私にとっては毎回 “あり得ない、こんな量“と思えるほどでした。2年経ってもこのペースに慣れることはできませんでした。

通学中は上達しているとの実感は全くなかったです。ただ言われた宿題をこなすことだけを続けていたように思います。
2年目の終わりに勧められて受験することにした英検、初めてなのに準1級。
ここでもまた苦労しましたが、終わりのない英会話の勉強の通過点として、準1級合格は思った以上にうれしいものでした。2回目の挑戦で合格できました。

前川先生はかなり熱血ですが、ある意味ドライでもあります。
熱血過ぎて、ドライ過ぎて、頭にくることもありますが、英会話上達を望むならついて行って間違いない先生です。3年間お世話になりました。
自分で勉強しないことには何も身に着かないし、何も変わりません。
この3年のようなペースではないにしても、これからも英会話の勉強は続けていきたいと思ってます。
 
 
(学院長コメント )
LLD外語学院第一期生(2014年開講)の方です。
3年間、時には深夜まで及レッスンをさせて頂くなど、何が何でも結果を出して頂きたいという思いで、指導させて頂きました。
やるべき事を妥協なくやって頂きたいという中で、指導は決して順調・平坦なことばかりではありませんでしたが、英検準一級合格されるまでに上達されました。ご本人が言うには「松岡修造的」指導とのこと(笑)

地元の短大ご卒業で、当校に通われる前には色々なネイティブ講師から英語を習われておられました。
まずは正しい英語に矯正させて頂くため、中学英語の例文暗唱、ご自身に書いていただいた英作文を添削させて頂き、スピーチ原稿もA4で10枚以上をご暗唱頂きました。
(当然、そうした「暗記作業」が無駄にならない学習特性をお持ちだと判断してのことです)

またそうした地道なインプット作業に加えて、徐々にアウトプット(会話)の機会も増やしました。
具体的には、週1回の教室レッスンに加えてSkypeも利用した英会話の機会を、2年目あたりから導入致しました(合計通学3年: 週1回1年、週2回2年)。並行して、リーディング・ライティング・リスニングも併せた4技能指導を実施し、総合力を高めて頂きました。合格された英検準1級試験では、ライティングスコアが合格者平均を大幅に上回るスコアでした。

ネイティブの話す英語の聴き取りに課題が残っておられますが、旅先でのノンネイティブ・スピーカーとの会話や、カジュアルな場面では、大きな誤解を招くことなく、2時間、3時間と英語だけでコミュニケーションが可能となられました。

上達事例 お客様の声

6か月で、海外業務に対応できる最低限の英会話習得
Y.Iさん(20代・大手鉄道会社勤務※当時)

[学習レベル]
Before
受験以来8年ぶり、英語がほとんど口から出てこない状態

After
完璧でなくとも、自信をもって英会話ができるように
(アジア大手企業への派遣・現地勤務に向けてご出発)
 
❝ Time management matters ❞
(自己管理・時間管理の天才ここにあり)
 
 

 
(ご感想)
私にとって、英語とは、単なる受験英語でした。
テストで点を取ることは出来ても、コミュニケーションに活かすことが出来ない英語は、長い間、自分の中で大きなコンプレックスでした。

ある日、勤め先で、1年間の海外関連研修の話が持ち上がりました。
コンプレックスを克服し、自分の新たな可能性に挑戦したい。
そう考えた私は、研修の参加を決めると同時に、LLD外語学院の扉を叩きました。

LLD外語学院に惹かれたのは、職場から近かったこと、そして、他の語学学校には無い情熱を直観的に感じたことが理由です。研修まで1ヵ月程度しかありませんでしたので、体験授業を受け、すぐに受講を決めました。この時の直観は正しかったと今、改めて思います。

LLD外語学院で印象的なのは、暗記中心スタイル、ビジネス関連教材、そして学習プランニングです。
暗記中心スタイルについて。LLD外語学院のレッスンは、中学文法の例文の暗唱から始まりました。中学レベルと言っても、日本語で聞いて、即座に英語に変換し、口に出すのは簡単ではありません。
一方で、もともと暗記は得意だったので、暗記の有効性は英語学習を続けていく自信につながりました。その後、日常会話、ビジネス会話、高校レベルの英文等、私のレベルと必要性に合わせて様々な英文を暗記しました。暗記したフレーズが英会話で自然に出てきた時、自分の成長を嬉しく思います。

ビジネス関連教材について。LLD外語学院では、自分の仕事の業界に関連したテーマの教材を用意して頂けました。
一方的に教材が用意されるのではなく、エッセーを書いてそのフィードバックをもらう、関連する英語ニュースをリスニングして要約する、現実に起こるシチュエーションでロールプレイする等々、先生と共同作業でオリジナル教材を作り出すところがポイントです。
英語力の向上は当然として、自分の仕事、業界に対する理解が深まることに私は感動しました。レッスンの最中、英語で話す難しさよりも、客観的な視点を持ち、要点を押さえた説明をする難しさに直面します。
「英語はあくまでビジネスのツール」とよく言いますが、そのポジティブな意味を知った気がします。

最後に、学習プランニングについて。私の受講スタイルは非常にイレギュラーでした。
海外関連研修の直前の「残された時間での最善のプラン」、研修開始後の「遠隔地でも受講可能なSkypeを使ったプラン」、「他社のオンラインレッスンを併用したプラン」等々、私の状況、ニーズに合わせて様々な学習プランを提案頂きました。課題の量は少なくなかったですが、仕事の合間に何とかこなせる量、やり遂げることで自信につながる量であったため、モチベーションを保つことが出来ました。暗記とオンラインレッスンにより、英会話の独学がある程度可能な世の中になったとしても、学習プランニングの質は、語学学校を決める上で重要な要素だと考えます。
LLD外語学院では、先生を自分の理解者として信頼し、目の前のレッスン、課題に集中できました。これは、私のような初心者にとって、時間の限られた人間にとって有り難いことでした。

私の英語学習の道は始まったばかりであり、いよいよこれから本格的な実践が始まります。私がLLD外語学院で得たものは、英語に対する自信です。英語の師であると同時に、パートナーのように私を支えてくれた前川先生には本当に感謝しております。
LLD外語学院で学んだ日々に自信を持って、今後も学習を続けたいと思います。
 
 
(学院長コメント )
指導させて頂いた半年間(週2回・90分)、課題が中途半端であったことは皆無でした。
Iさんのケースでは、大学受験で培った英文法力を最大限に活かすべく、外務省の海外赴任前研修を参考とした英語学習法をアレンジし、ご実践頂きました。
また、当校のレッスンと並行して、他社オンラインレッスンもご提案・ご併用頂きました。こちらの提示したメニュー全てを完璧にこなされた、Iさんの自己管理能力には本当に頭が下がります。

語学系唯一の国家資格・通訳案内士合格
一恩 洋輔さん
(アフターユー株式会社 取締役)

[学習レベル]
Before
受験以来8年ぶり、英語がほとんど口から出てこない状態

After
ご入会から約2年9か月で、国家資格・通訳案内士に合格

(学院長コメント )
上述しました海外ご勤務の後、継続してLLD外語学院へお通い頂きました。
昨年(2018年)12月に、通訳案内士試験の面接試験をパスされ、当校をご卒業されました。

試験に向けましては、1年半以上に渡り、日本文化・食・観光・地理・気候・歴史などの項目を過不足なく表現できるよう、学習プランニング・日々の学習課題作成・ ペースメーキング・ プレゼンテーションの対策をさせて頂きました。

今後、日本の魅力を海外へPRする事業にも携わられるそうです。
前途多望なベンチャー企業の若手幹部として、今後もご活躍されることでしょう。

上達事例 お客様の声

LLDで新しい人生を切り開く
M.Hさん(20代・会社員)

[学習レベル]
Before
オンライン英会話で全く話せず、トラウマに

After
ゲストハウスのレセプションで、各国のゲストを応対
(現在は、オーストラリアにて留学エージェント業務を行いながら、現地の4年制大学在籍中)

(ご感想)
今、パースのビーチでこの文章を作っています。
数日前、ワーキングホリデーのため海の綺麗なこの小さな港町を訪れました。
2年前まで英語や海外とは程遠い生活を送っていました。大人になってから外国の方とお話ししたことすらありませんでした。

会社員をしながら「英語を話せるようになりたい。英語を使った仕事をしたい」という気持ちを抱え、手当たり次第に試しては挫折の繰り返しでした。家の本棚には独学で英語を身につけるための本が増えるばかり。ある日、インターネットで金沢の英会話スクールを片っ端から調べていたところLLDのホームページを見つけ、体験レッスンを申し込みました。

レッスン当日、わかってはいたもののそれ以上に散々な結果。
会話はもちろん中学生レベルの文法もさっぱり。何もできなくて悔しい思いをしました。しかし、前川先生は真っ直ぐに私を見て「大丈夫です。絶対にできるようになります。一緒に頑張りましょう。」と前向きな言葉をかけてくださいました。

そして私は先生の言葉を信じることと、勉強と仕事を両立させることの二つを決心をしました。
授業は毎回違う内容でいつも楽しみでした。自分の言いたいことを少しずつ英語で伝えられるようになることがすごく嬉しく、徐々に「こうやって英語が話せるようになっていくんだ」と実感していきました。授業の復習をするために定期的に会社の有休を取るくらいのめり込んでました。

入学して数ヶ月後、もっと早く上達したいという焦りから、無理やりTOEICを受けました。準備不足のため当然のように散々な結果が 返ってきました。翌週の授業で、前川先生に結果を聞かれ、私が「実は…」と話し始めようとしたところ前川先生は「390点ですよね」と。
1点の誤差もなく私のスコアを言い当てたのです。そのとき確信しました。あれこれ考えるのはもうやめよう。先生の言うことを信じて目の前のことに集中しようと。

レッスンでインプットとアウトプットを繰り返し、後半は外国の方と実際に月1回程度、直接顔を見て会話をし、だんだんと「私の英語は実際に伝わる!」ということを実感しました。その後、ゲストハウスで海外からのゲストの対応をするという経験を経て、ここパースで暮らす夢が叶いました。またパースの語学学校では中級クラスに入ることができ、現在はほとんど日本人がいない環境で授業を受けています。
2年前、オンライン英会話でHow are you?を答えるのにすらフリーズしていたこの私が!

前川先生がいなかったら、今の人生は開けていませんでした。
先生のおかげでここまでこれたことを心から感謝しています。

2年間できの悪い私を見放さず、ずっと情熱を持って指導してくださいました。私の理解不足のため授業はほぼ毎回延長、追加の授業もあったくらいです。あとは、帰国後にもう一つの夢(英語を使った仕事につく)を叶えられるようにパースでしっかり勉強して帰国しようと思います。
先生のように情熱を注げるような仕事につけると良いなと思います。

前川先生は簡単には問題の答えを教えてくれません。先生はどんなに体調が悪くてもハードワークでも決して手を抜いたりはしません。
ときには大人を真剣に怒り、突き放したりもします(あの時の私には確かに必要なことでした)。しかし何かできたときには自分のことのように喜んでくれます。こんなに真剣に私のことを考えてくれる人が家族や友達以外にいるでしょうか。

私のように、街ですれ違った外国人と楽しくお話しできたらな、仕事でこんなとき英語を話せたらかっこいいのに、英語の仕事につきたいなどと思っている方は少なくないはずです。
そんな方こそ、前川先生についていってください。必ず話せるようになります。私もこれからもっと会話力やリスニング力を高めていきたいと思います。お世話になりました。ありがとうございました。
 
 
(学院長コメント )
LLD外語学院第一期生(2014年開講)の方がご卒業とあり感慨深いものがあります。
2年間で色々な事がありましたが、最後まで諦めずに教室に足を運んでくださったことが目標達成に繋がりました。

地元の短大ご卒業で、本格的な受験英語のご経験をお持ちではありませんでしたので、対処療法ではなく、根治療法を目指して会話よりも「読む・聴く」を重視した長期カリキュラムを構築致しました。
1年目を過ぎたころから少しずつ発話量が増え、2年弱経った頃には、ゲストハウスのレセプションで各国からのゲストの接客が可能なレベルにまでこられました。(TOEICスコアも300点近く上昇されました)

また、ページ上部で登場されました「Y.Iさん」の事例とは異なり意図的に暗記量を減らすことで、発話の流暢性を高めるメソッドを 採用致しました。LLDでは、受講生の方の学習特性に応じた教育内容の提供を心掛けております。

上達事例 お客様の声

準1級スピーキング試験合格
T.Fさん(30代・会社員)

[学習レベル]
Before
英会話経験ゼロ

After
ご入会約3か月で、英検準1級面接試験・合格
 

(学院長コメント )
独学で英検準1級の筆記試験には合格されたものの英会話は全く経験されたことが無く、スピーキング試験で不合格となっておられました。

LLDにご入会され、3か月間で見事リベンジを果たされました。

今回のように短期間である程度会話力を伸ばすためには週1回などという頻度では学習効果は期待できません。

Fさんの場合は、会社のお昼休みという強制力が期待できるタイミングを利用し、Lineを活用したテレフォンレッスンを生活の中にちりばめ、多忙の中週4回のご受講をやり遂げて頂きました。
教師である私もなかなかハードなスケジュールでしたがFさんの合格に懸ける思いが素晴らしく、お仕事があるからといって決してそれを言い訳にせず、3か月間でご自身の意見表明ができるレベルに達せられました。
ある時は朝と夜、一日に二回もレッスンを受けに来校されるなど非常に熱いスピリットを見せて頂きました。
 

挫折しがちな最初のハードルを見事突破!
T.Tさん(30代・建築関係)

[学習レベル]
Before
英会話経験ゼロ、受験以来16年ぶりの英語学習

After
外国人観光客と、1時間続けて英会話が可能

 
(ご感想)
英語を勉強したいと思ったのは2年程前に会社で海外研修を受けさせてもらったことがきっかけでした。
大学受験のための英語からはなれて約16年、それでも海外にいけば、多少なりとも会話ができるものだと信じていましたが、現実は全くしゃべれず単語を連発することしかできませんでした。

帰国後、1年くらい経ってから仕事が落ち着いてきて、何か新たなことにチャレンジしようかなと思った時に、一年前の苦い思い出が蘇えり、英語を勉強しようとLLDで学ぶことになりました。
そこで出会った同い年の前川先生は、とても明るく誠実で情熱的な先生でした。

正直、全くしゃべれないし、単語もほぼ忘れてしまっている状態で、まず、単語をひたすら覚え、文法を勉強していくのかと思っていましたが、それは今まで学校で習ってきた学習方法と全く違うやり方でした。
また、教材についても、私のいる業界のことを教材として用意して頂き、その内容自体にも興味を持つことができより実用的な英語を学ぶことができました。

なにより前川先生はいつもどんなに下手な英語でも、前向きなアドバイスと本当によく褒めてくれるので、だんだんこちらもその気になってしまい、授業の最初はうまく言葉がでないのですが、だんだんと乗せられ時間を忘れて話してしまっていることもしばしばありました。

レッスンに行けない日があると、期間が空いてしまうとよくないからと通常レッスンとは別に授業が終わった後でも大丈夫ですと、深夜に電話でのレッスンをして頂いたこともあります。

そんな前川先生のもとで学び、一年が経ちましたが、今では街で歩いている外国人を見ると話しかけたいと思うほどになりました。
さらに今年は、また会社での海外研修に行くことになったので、2年前の自分とは変わっていることをご報告できればと思います。
今後も教えていただいたことを続けていき、いつか海外部署でも働きたいと思います。前川先生、有難うございました。
 
 
(学院長コメント )
中学文法のおさらい3か月+会話練習10カ月(いずれも週一回)という条件で、英会話を楽しめるレベルまでこられました。
最初、「彼らは高校生ですか?」が出てこないご状況でしたのでよく頑張られたと思います。
また何より、そのお人柄が素晴らしく教師-受講生の枠を超えて、今後も末永くお付き合いさせて頂きたいと思っております。

上達事例 お客様の声

基礎の反復で身につけた英語力
三宅 顕光さん(21歳・大学生)

[学習レベル]
Before
英会話力ゼロからスタート

After
知識のある話題でディスカッションできるレベルへ

現在、大学理系学部3年生です。
前川先生から1年半ほど英会話のご指導をいただきました。
私は大学1年生の頃、英語力を上げる目的でESS(English Speaking Society)という英語を使ってあるテーマについてディスカッションやディベートをしたりするサークルに所属したのですが、自分の考えを英語にし、相手に伝えるといったことができず、それどころか文法もむちゃくちゃといったひどい有様で頭で知識としてわかっていることと話せることは全く別物だということをここで初めて身に染みて感じました。

このようなことから本気で英語をしゃべれるようになりたいという強い願望が生まれ真剣に学べるような語学学校を探したところ幸運にも前川先生から指導していただく機会を得ました。

会話力ゼロの状態からのスタートでした。

前川先生から学んだ英会話を習得するうえで大事だと思ったことは基礎の反復です。
一般的な語学学校でやるような一度文法や表現を練習するだけでは話せるようになった気になるだけで実際、自由英会話になった時にアウトプットができません。
正しい英語を瞬時に自分の言葉で表現するには土台となる英文を覚え、覚えた例文を潜在レベル(無意識に例文が言える)まで落とし込み、それを土台に自分の表現に作り替えることができるようになる必要があります。

そして、このような力をスムーズ身につけることができる指導を先生からしていただきました。結果的にこのやり方で当初の文法や構文がむちゃくちゃで全く話せない状態からある程度どんな話題でも会話できるだけの下地ができました。
何よりも間違った表現を一度言ってしまってもその場で訂正できるようになったと思います。

自分は理系学生ということもあり、英語に多くの時間を割くのがなかなか難しかったり、日常生活でネイティブの方とも話す機会がほとんどなかったのですが、前川先生の情熱あふれる熱心な指導のおかげで楽しく上達を感じながら英会話を学ぶことができました。

伝えたいことを
様々な角度から表現できるように
K.I さん(30代・対人援助専門職)

[学習レベル]
Before
英会話経験ゼロ、大学受験以来の英語

After
日本語を使わず、英会話が最長4時間続きます

私は、以前から英語を話せるようになりたい、英語の本を読めるようになりたい、英語でコミュニケーションがとれるようになりたいと考えていました。

しかし、一般的な英会話では、海外旅行で道を尋ねるような英会話を習うことが多く、本質的な英語の力をあげることにつながらないように感じられて、英語を学ぶ本を買っては、継続できずに終わっていました。
その中で、先生との出会いがあり、先生が「ネイティブでない私たちが英語を話せるようになるには、繰り返しの練習と勉強が必要である」とおっしゃっているのをうかがって、努力をしたいが努力の仕方がわからなかった私は、先生にご指導を受けることになりました。

私は、現在、ご指導いただいてから3か月程になります。
最初は、伝えたいイメージが浮かんでもそれを表現する英語が全く浮かばず、言葉にならないことが多かったですが、最近は、直訳で考えるのではなく、似たようなイメージを伝える他の表現を探して何らかの形で伝えてみて、それを基に話し合っていくということが少しずつではありますが、できるようになってきました。

そもそも、伝えたいことを少しずつ一生懸命表現しながら、伝えたいことと伝わったことのずれを調整していくこと自体がコミュニケーションであり、伝えたいイメージをいろいろな角度から表現する言葉が増えていくことが、コミュニケーションできる力につながっているように感じています。
この3か月で自分が一番変わったと思うところは、この部分であり、直訳で単一の表現を考えるのではなく、いろいろな表 現を使ってイメージを言語化していくという感覚を得られたことが大きな変化だと思っています。

また、私の苦手な分野(例えば副詞や疑問詞)などは繰り返し、感覚としてマスターできたと思えるまで、何度も練習を続けていただけることも、ありがたく思っております。

さらに、その苦手な部分がなかなか上達しない時など、落ち込んだ気持ちになる時があるのですが、先生はいつも肯定的にお話をしてくださり、頑張ろうという 気持ちを支えていただいています。授業の時間はいつもあっという間に過ぎて、なによりも、毎回とても楽しく、毎週楽しみにしています。

自分の中に、英語という新しい知識や感覚が育っていくことが、とても楽しく、これからも努力をしていきたいと思っています。

上達事例 お客様の声

日本人だからこそわかる日本人英語の弱点
澤田 篤郎さん(36歳・医師)

[学習レベル]
Before
英会話経験ゼロ、十数年振り英語学習

After
ブロークンではない、正確な英語で意思を明確に伝えられるレベルへ

約1年半前に仕事上、英会話を習得したいと思っているときに前川先生に出会い、レッスンをしていただくようになりました。
いつも明るく元気いっぱいの先生で、こちらの目標や要望に細かいところまで答えてくださる素晴らしい先生です。
 
日常使用する英会話はもちろんのこと、「海外の学会に参加したときの英会話」や「医学用語を使用した英文作成」など私の職業柄必要となる部分を常に意識してレッスン内容を組んでくださるのでとても助かっています。
 
またネイティヴの先生と異なり、日本人が間違いやすいポイントや日本語の微妙なニュアンスを伝えたいときの表現などを的確に指導してくださるのも大変嬉しいです。

思い返せばレッスン始めたてのころは、英会話にとても苦手意識を持っていました。が、今は苦手意識はほとんどありません。
自分の言いたいことをとりあえず「何らかの形で表現できる」という自信がついてきたからだと思います。これも前川流レッスンの賜物と感謝しています。
今後はもっとナチュラルでスムーズな英会話を目指して引き続き頑張っていきたいと思っています。

上達事例 お客様の声

努力とモチベーションで手に入れたもの
松井 朗裕さん(30代・医師)

[学習レベル]
Before
幾つか大手スクールを経験

After
3年間レッスンを継続し、苦手意識を緩和

3年間学ばせて頂きました。職業柄、英語を使用する機会が時にあり英語力向上目的にこれまでいくつかの大手英語教室に通ってきましたが自身の仕事が多忙なこともあり、定期で通える時間を作るのが非常に困難で残念ながらこれまで長く続けられた教室はありませんでした。
 
ただいくつかの教室に通うなかで学んだことはやはり半端にやっていても上達はしないということでした。
地道な努力とモチベーションの維持が何より大切であると思いますがこれは簡単そうでなかなかできないものです。当然自分自身が頑張っていかねばならない事項ですが日々の生活に追われると非常に難しいものです。
 
僕が前川先生にみてもらって最も印象的であったことはこの努力とモチベーションを維持できるように、ともに悩みそして1つ形にこだわらず、その個々人にあった勉強スタイルを懸命に模索し、与えてくれることでした。
また疑問点には、どんなに時間をかけてでも納得するまで指導して下さいました。21時半までの授業のはずが、僕のために終電まで残り疑問に応じてくれたことさえありました。
 
せっかく通っているのだからとか終電がなくなればタクシーで帰るかなと簡単にお話されますが、通常はなかなかできることではありません。
良し悪しはあるかもしれませんがこのように生徒が上達できるように心から親身になってくれる先生であったからこそ、僕は全幅の信頼をおいて長く続けることができたのだと思います。
 
生徒のなかには、多くの英語教室を通り過ぎ、2時間近くかけて通って来られている方もおられましたが、その価値があるとおっしゃっておられたのも納得できました。
最終的に僕の転勤のために受講終了となりましたが外人と接するのが嫌いで苦手であったはずの僕が今では町で立ち止まっている外人などがいると、積極的に話をしに行こうと思えるほどにまでになりました。
これは間違いなく前川先生のおかげであり、感謝の気持ちでいっぱいです。
 
ただ最近は先生の発破がなく、少しサボリ気味になっている自分がいるので、また気持ちを入れ直して頑張りたいと思います。本当に有難うございました。